Plataforma de Infanciaが見出した太るサプリの効能を専門家が解説

太る痩せる人の違いってどこからなんだろう?昔の自分に戻りたい!

現在27歳の私は昔からずっとスポーツをしてきました。
小学生の頃はサッカー、中学と高校ではソフトボールをしてきました。
高校を卒業してスポーツを一切しなくなったのに食生活は現役時代のままで、みるみるうちに体重が増えていきました。
現役時代は筋肉もあったので、体重があってもそれほど気にしてはいなかったんです。
しかしある日彼氏に「最近ずっと思ってたんだけど、顔が丸くなったし太ったよ」と言われ、体重を測ってみると現役時代より5キロも増えていました。
自分では太った感覚というか認識は一切なかったので衝撃的な数字でした。
しかし、現役時代と違って動く機会がないのでなかなか痩せる事が出来ずに時が経ち、20歳になるとお酒も飲むようになり、さらに太りました。
そして結婚して妊娠すると出産までに16キロも増え、体重が戻らないまま2人目を妊娠し、また10キロ増えてしまいました。
現在の体重は65キロ。
痩せようと思う時もありますが、なかなか痩せられず、今に至ります。
よく職場の人に「プニプニしてて気持ちいね」とか「ゆるキャラみたいだね」など言われますが太っている人はなにかとイジられるような気がします。
友達とよく、話をするのはどこからがデブなのか?です。
数字的に見て、服のサイズが11号以上、Lサイズだとデブ。
体脂肪率が30%以上でデブ。
見た目だと、パンツにお肉が乗っていたり
二重アゴ、「膝が痛い」と言うだったり、
運動が出来ずにすぐにバテるのもデブ。
あとは食べている物が、甘いものだったりジャンクフードだったりするとデブ。
逆にスイスイ軽やかに動けたり、野菜が好きで野菜をたくさん食べるのならデブじゃなくぽっちゃりなんだそうです。
そうはいってもそれぞれ個々の価値観があるので上に書いた事が全てではないと思います。
デブだと言われている私でも、結婚して出産もしています。
妊娠して体重が増えてしまった時は病院から色々な指示はされました。
正直、妊娠する前はそれほどデブだとは思っていなかったので病院でBMI(肥満度を表す体格指数)を見せられ、「太っています。このままだと大変ですよ」と言われた時はショックでした。
しかし子供を産むのには少しでも体重を落とさなければならなくて苦労もしました。
出産して落ち着いてきたので、旦那さんや子供達にも嫌われない為にも少しずつですがダイエットしてみようかな、と思い始めました。
やっぱり痩せている方が、可愛い服が着られたりもするのでもっと自分に自信が付くと思います。

なぜ思うようにいかない時ほど食べて太るのか

hosoi

子どもを出産して、少しの間は授乳のため、体重が増えることはありませんでしたが、その後の子育て期に、今よりも4キロくらいは太っていました。
生まれてから1年以上たってからの頃の子どもというのは、話も通じず、言うことも聞かず、悪魔のような様子です。初めての子育てをする母親にとってはもう苦しい時期になります。しかも私の子どもはなかなか言葉が出ず、発達の遅れも指摘されていたので、ストレスもたまっていました。

そういう時にはやはり食べて解消しようとします。私は一番食べてはいけないものを食べていました。食パンにマーガリンを塗ってさらに砂糖をかけて、何枚も食べていました。栄養価が低く、カロリーが高い物を、たくさん詰め込むように食べていました。

子どもと楽しく過ごしたいのに、子どものする行動も理解できず、言葉も通じず、脈絡なく動き回る様子をただ見つめて、人に迷惑をかけないようにさせるため、動くだけです。そのやるせなさを解消するために誰かに話すこともできませんので、いけないものを食べるだけでした。

太る方法は難しいと言われていますが、太るには効率的にせいかつをしていく事で太る事ができます。

太る為に必要な事を研究している医師の見解では下記のように語られています。

食べても食べても、なかなか太れない方が出来る一番の方法は太るサプリを飲む事です。カロリーが高い物をあえて選んで食べたり、チョコやパフェなど糖分が多く含まれている物を食べても太る事が出来なかった私ですが、太るサプリを飲む事で今では平均体重に近いくらいの体重になる事ができています。

出典 太るサプリ公式

 

表向きはそれでも幸せなお母さんを演じていたりして、私のストレスは相当なものだったと思います。夫も転職したばかりだったので、夫自身はそちらの悩みを抱えていたので、子どもの事で負担もかけたくありませんでした。時々は私も不安が爆発して話したりもしましたが、それで抱えているものが軽くなることはありませんでした。

思うようにいかない時は、満たされないので、食べるのだなと思います。若い頃もストレスで食べ過ぎたことがあり、それも栄養価の低いハイカロリーの物でした。子どもを置いて、一人で遊びに行くわけにもいかないし、食べ物を体に詰め込んでどんどん太りました。

その後子どもが保育園に入り、自分は働きだして、経済的にも少しゆとりが出て、だんだん食べる事も治まってきました。そして子どもも成長し、ゆっくりながら成長し始めると、私の気持ちも緩んできました。
子どもとの会話もできるようになってきて、そうなると気持ちもお互いに安定し、さらに状態も良くなります。

ストレスで食べる人は、そもそも食べる事があまり好きではないのかなと自分では思います。食べる事を大事にしていないからです。おいしい物を食べたいというよりは、何かの代替で食べているのだから、ただの行動でしかないように感じています。

今は、あまり食べたい物もなく、体型はその頃よりすっきりしました。でもこれからまた満たされない事があれば、同じような行動をとるかもしれません。気持ちのコントロールを大切にして過ごしていきたいと思います。

太る為に必要な事とコンプレックスについて

世の中には、相手や他人を揶揄する言葉がありふれています。
その中でも、昔からある代表格が『デブ』『ハゲ』『チビ』など。
このような言葉は、はっきり言って差別用語です。
口喧嘩などで、よほど相手に対して頭に来ることがあったとしても、口にすべきではないと、ワタシは思います。
テレビをつければ多くの政治家や著名人が、失言をクローズアップされ、立場を失い、聴衆の前から姿を消していきます。

ワタシの周りでは、このような暴言をおおっぴらに口にする人は、昔に比べ、減ったように感じますが、完全にゼロになったというわけでもありません。
言葉には、言霊というチカラがあります。自分の為にも、相手の為にも、ネガティブな波動を持った言葉は使わないに限ります。
ワタシもそういった言葉の使用は、できれば控えたいと思いますので、ここでは『デブ』→『D』、『ハゲ』→『H 』『チビ』→『C』、とさせていただきます。
ところでワタシは現在41歳です。アラフォーです。年齢的に『D』(というよりメタボ)や『H』になってしまう人が多いと思いますが、ワタシ自身は『D』でも『H』でも『C』でもありません。
ワタシは『H 』と『C 』に関しては、要因として遺伝によるところが大きいと思います。その他の要因もあるのかもわかりませんが、一般的にもそのように思う人は少なくないのではないでしょうか?

著名人、あるいは近所の知り合いでもいいですが、試しに『H 』や『C』な人の血縁者を見てみて下さい。やっぱりな…と思うことが多いのではないでしょうか?。
そういった理由から、ワタシとしては『H』と『C 』の人については、わりと寛容というか、まぁ仕方がないのかなぁ…という気持ちなのですが、『D 』に関しては、本人の努力でなんとかなるのではないか?という気持ちでいっぱいなのであります。

『H』と『C』について遺伝の話をしましたが、『D』の血縁者を見ても『D』の人がいる場合もありますが、ワタシはこれは遺伝というよりも環境によるところが大きいのではないかと思うのです。
ここでいう環境とは、要するに食の環境です。子供は日々の自分の食事を自分で準備するこは難しいわけで、大人が用意した食べ物を口にするわけです。
外食では無い限り、大人と子供のメニューが違うということもないと思います。

家族で食卓を囲めば、大人が食べる物を子供も食べます。そこに太りやすい成分を含む食品が並んでいても、大人も食べるし、子供も食べるのです。ただし例外的に、お年頃の女性など、普段から体重の増加や体型の変化に気を付けている人は、その限りではありませんが…。

病気などで『D』状態の人もいるのかもわかりませんが、ワタシは『H』や『C』の人に比べれば、『D』状態は努力次第で改善する可能性はかなり大きいといえると思うのです。
現在世の中には、『D』を解消する方法はテレビ、書籍、インターネットなどでたくさん紹介されています。いろいろ試してみれば、きっと自分に合う方法が見付かると思います。
何事も悩んでいるだけでは解決しません。目標に向け行動すれば、必ず道は拓けると、ワタシは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です