ダイエットをする時でも自分の心、身体を大切に。

20代後半の主婦です。
約3年くらい前に本格的にダイエットをしてみたことがあります。それまでは中途半端に走ってみたり筋トレしたり夜の炭水化物を抜く程度で、身長150センチちょっとで50キロ超えというぽっちゃり体型を見事に維持しながら生きてきました。
ダイエットを始めるまでは何の知識もありませんでしたが、始めてからはありとあらゆる方法を調べ、色々と試行錯誤しながら一時期は一番少ないときで43キロまで落としました。(相当無理をしましたが。)
今は出産を経て以前ほどストイックにやっていないので46キロ代という感じですが、色々試してみた中での効果やわかったことをお話しさせていただきたいと思います。少しでも何かの参考になれば嬉しいです。
1、走る。
できるだけ早く減量したい!という方にはこれをしばらく続けるのがいいのかなと思います。私が集中してやっていたのは夏だったので、汗をダラダラかいて余計に体重減につながりやすかった気がします。嬉しい効果は減量だけではなく、腕を後ろに引くことを意識しながら振ることで二の腕が細くなったのと、肩甲骨が動き慢性的だった肩凝りがほとんど気にならなくなり、足のむくみも解消して疲れにくくなりました。今は子育て中でできていませんが、お時間のある方はゆるーい感じで始めてみるのもいいかもしれません。
2、夕飯の時間と量。
ダイエットを始めた頃は朝と昼を少なめにしていました。朝はバナナを入れたヨーグルトだけ、昼はサラダやお豆腐など。でも昼間は活動しなきゃいけないので、お仕事をしていたら特にそれでは持たないですよね。夜は活動量が減るので、食事制限は夜に重きを置いた方がいいかと思います。効果が出やすいのは、時間としては18?19時くらいまでに食べ終える、遅くなってしまった場合はスープとサラダくらいにするという感じです。ダイエット中だけではなく、妊婦のとき体重制限が厳しかったので実践していました。寝る前までにはお腹が死ぬほど空きますし、朝起きても異常なくらい空いていますが、そんな状態で食べる朝ご飯は格段に美味しいですよ!
3、カーヴィーダンス
一時期流行りましたね(笑)雨が降っていて走りにいけないときの運動に良いです。意外と身体が温まり、汗をかきます。トレーニングの要素も含まれていて女性らしい身体のラインを作るのにも効果的です。これも肩甲骨を動かす運動が多いので、二の腕や肩凝りに効果的ですよ。
4、骨盤スクワット
今一番実践しているのがこれです。YouTubeなどにやり方は載っています。歪んだ骨盤を正しい位置に近付け、内臓も正しい位置に収まり食べ過ぎを防げたりするようです。私も産後あまり戻らなかった体重がだんだん戻ってきました。一日3分でいいので、忙しい方にもおすすめ。

何より、続けられる方法を選ぶこと。自分の身体が快適になって、この状態を維持したい!と思えること。つらいことは続きません。短期間頑張ってリバウンドを繰り返すのは身体にも悪いです。自分の心、身体と相談しながら、ちょっとゆるい気持ちでやりたいことから始めてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です